監督コメント/comment/

家一軒と庭ひとつ。
どこにでもあるたったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

細田守